シングルマザーになったら、知ってる人だけが得をする

こんにちは!ファイナンシャルプランナーの福田斉子です。

 

シングルで子育てをしている女性、多いですよね。

私もその一人です。

 

シングルマザーになった時、一番最初に経済的な不安があると思います。

そこですべてを我慢して自分を見失ってしまう女性もいます。

自分を見失ってしまったら、子供が一番悲しい思いをしてしまいます。

 

シングルマザーになった時、国や市町村はどんなことをしてくれるの?

 

児童扶養手当

児童扶養手当は、18歳到達後最初の3月31日までの間にある(一定の障害を有する場合は20歳未満)児童を養育している母子・父子家庭等に支給される手当です。

 

この児童扶養手当を受けている世帯の方には

  • JR通勤定期乗車券の割引
  • 都営交通の無料乗車券(世帯のうち、1人に限り)
  • 水道、下水道料金の減免
  • 廃棄物処理手数料の減免
  • 粗大ごみの手数料免除
  • などがあります。

市町村によって違いがありますので、お住いの役所で確認することをお勧めします。

 

 

ひとり親家庭等家賃補助

民間アパートに居住するひとり親家庭等に対し、家賃の一部を補助する。

(18歳到達後最初の3月31日までの間にある児童を養育している場合に限る)

 

 

児童育成手当

育成手当

18歳到達後最初の3月31日までの間に児童を養育している母子家庭又は父子家庭に支給される手当。

1人月額13,500円

 

障害手当

心身に障害のある20歳未満の児童を養育している方に支給される手当。

1人月額15,500円

 

ひとり親家庭等医療費助成制度

児童が18歳に達した日の属する年度の末日(障害を有する場合は20歳の誕生日の前日)までの児童を養育する母子・父子家庭等に病院等で診療をうけたとき支払うべき自己負担(保険のきかないものは除く)を助成する。

 

ひとり親家庭ホームヘルプサービス

日常生活を営むのに、生活環境の激変、その他の理由により支障があるひとり親家庭に対して、一定の期間、ホームヘルパーを派遣し、日常生活の世話等必要なサービスを行う。

ホームヘルパーの派遣要件は市町村によって違うので、お住いの役所に確認してください。

 

就学援助

児童扶養手当を受けている方は、学校でかかる教育費の一部を援助する。

 

母子家庭等高等職業訓練促進給付金

母子家庭等自立支援教育訓練給付金

 

などがあります。

このほかにも子供の手当、例えば、児童手当、乳幼児医療費助成制度、奨学金制度などがあります。

 

 

国民健康保険料、年金保険料について

 国民健康保険料

所得が一定金額いかになった場合、倒産などにより解雇された方、災害や病気などにより生活が著しく困難になった場合など健康保険料が軽減、減額、免除される可能性があるので、市町村役場におたずねください。

 

国民年金保険料

保険料免除

所得が少なく一定額以下の場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、保険料の納付が免除になります。

免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。

 

保険料納付猶予

20歳から50歳未満の方で、所得が一定額以下の場合には、保険料の納付が猶予されます。

(学生の場合は学生納付特例)

 

国民年金保険料を免除された期間は、老後年金を2分の1受け取れるので、納付が困難な場合には、必ず申請手続きをするようにしてください。

また、保険料免除、納付猶予を受けた期間中に、ケガや病気で障害や死亡といった不慮の事態が発生した場合、障害年金や遺族年金を受け取ることができます。

 

このように国や市町村がしてくれることは沢山あります。

ただし、国の制度は自分自身で申請しなければなりません。

 

知らないと損をすることもあるので、離婚届を出したその足で、こども課、国民健康保険課(国保の方)、でよく話を聞いてください。

 

アネシスプルースでは、シングルで頑張る親御さんをファイナンシャルの観点からお話を丁寧に伺い、マネープランとそれに伴うメンタル面などのサポートを行っています。

お気軽にご相談くださいね。

 

お気軽にお問い合わせください

皆様が「お金」の知識を正しく身につけることで、幸せで笑顔のある毎日をお過ごしいただきたい。アネシスプルースはそのような思いで、お一人おひとり大切に親身にお話を伺っております。まずはお気軽にお問い合わせください。お悩みの解決策やベストなチョイスがきっと見つかります。あなたのご相談をお待ちしております。