【MDYCお金のヒント】サラリーマン必読! 所得控除を使い倒せ

こんにちは。アネシスプルース代表の福田です。

今回もMDYC様「お金のヒント」に寄稿いたしました。

サラリーマン必読! 所得控除を使い倒せ

 

手取り金額を最大化!
控除の金額が多ければ多いほど、手元に残るお金が多くなる

会社から決まった金額のお給料を受け取るサラリーマン。給与明細をよくよく見ると、会社からの支給額から、所得税などが差し引かれた後、手取り金額が決まりますよね。 ということは、簡単な話、差し引かれる所得税などが少なくなれば、手取り金額が増えるわけです。 では、その所得税は、どのようにして決まるかというと、給料から様々な「所得控除」を差し引いた金額をベースに、計算されます。 つまり、この「所得控除」の金額が多ければ多いほど、所得税が少なくなり、手元に残るお金が多くなるわけです。 サラリーマンの場合、毎月給与から所得税が天引きされているのですが、その税額はあくまでも概算。なぜなら1年終わってみないと、本当の「所得控除」の額がわからないからです。そこで、年末に各種所得控除を再計算して調整します。それを「年末調整」と言います。

「年末調整」で、「所得控除」を再計算するためには、自分で手続きしなければなりません。せっかく権利があるのに、見落としていたら大変です!!
「所得控除」をしっかり味方につけて、手取り金額を最大化したいですね。

福田が「手取り金額を最大化」について深く掘り下げて説明しておりますので、

ぜひお読みくださいね。

 

お金のヒント

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

皆様が「お金」の知識を正しく身につけることで、幸せで笑顔のある毎日をお過ごしいただきたい。アネシスプルースはそのような思いで、お一人おひとり大切に親身にお話を伺っております。まずはお気軽にお問い合わせください。お悩みの解決策やベストなチョイスがきっと見つかります。あなたのご相談をお待ちしております。