【シングルの子育て必見!】児童扶養手当を受けるには?

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーの福田斉子です

 

 

離婚をして子供を養育することになると、児童扶養手当が支給されます。

これは毎年1回、8月に申請すると10月から支給されます。

初めて申請するときは、何月でも大丈夫です。

 

 

申請するときに必要なものは?

毎年8月に現況届を提出します。

前年度の所得や現在の家族状況等を確認するために提出します。役所から6月~7月に書類が届きます。

離婚で別の地域に転入した方は、課税証明書が必要です。前に住んでいた地域の役所でもらってください。

遠くに引っ越しをされた方は郵送でも受け取れますので、前に住んでいた役所に問合せをしてください。

初めて申請する方の住民票がその年の1月1日に申請する地域にない場合は、前に住んでいた地域の役所で課税証明書をもらってくることになります。

 

支給額は?

受取れる金額は所得によって違います。

杉並区HPより

8月からは前年度の所得から計算されます。この時養育費をもらっている場合は、養育費を合算して計算されます。

また、ご両親と同居をされている場合は、世帯を別にしていないとご両親の所得も合算されてしまいます。

1月~7月に申請をする時は、前々年度の所得で計算します。

 

例えば、

平成29年3月に離婚をして申請 ➡ 27年度の所得金額で計算

平成29年8月の毎年の申請月 ➡ 28年度の所得で計算

ということになります。

 

婚姻中にしておきたいこと

前述のように児童扶養手当は毎年、前年度の所得で計算されます。

婚姻中に子供が夫の扶養になっていると、離婚をした時に前年度の所得に対しての扶養者がいないため、支給額がかなり少なくなってしまいます。

1月~7月までに必要な前々年度の所得は仕方がなくても、
8月~の計算に必要な前年度の所得はどうにかしたいと思いませんか?

例えば、3月に離婚した場合、4月~7月までの支給額が少ないのは我慢ができるけど、8月からの1年間も少ないのは、生活を困窮させます。

であれば離婚を考えた場合、夫の扶養ではなく自分の扶養にしてください。

年末調整の時に会社に提出する「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に扶養親族を記入する欄がありますので、自分の書類の方に子供の名前を記入して、夫書類は何も記入しなければ、子供は妻の扶養になります。

 

 

お気軽にお問い合わせください

皆様が「お金」の知識を正しく身につけることで、幸せで笑顔のある毎日をお過ごしいただきたい。アネシスプルースはそのような思いで、お一人おひとり大切に親身にお話を伺っております。まずはお気軽にお問い合わせください。お悩みの解決策やベストなチョイスがきっと見つかります。あなたのご相談をお待ちしております。